事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

LIFULL サッカー長友選手をグローバル本部長に 海外進出見据え

月刊事業構想編集部(2018/7/25)

0
​ ​ ​

不動産情報サイト運営を中核事業とするLIFULLは、サッカー日本代表の長友佑都氏をLIFULLアンバサダー兼グローバル本部長に任命した。2018年7月24日に発表した。

LIFULLは、2014年11月、世界最大級のアグリケーションサイトtrovitの運営会社をグループ傘下に収めた。trovitは、世界57カ国で不動産、中古車、求人の情報を収集し、提供している(月刊事業構想2018年4月号参照)。2018年10月には、やはりアグリケーションサイトを運営しているオーストラリア企業、Mitula Groupを子会社化する。trovitとMitula Gropuを併せると、サービスを展開する国は63カ国に拡大し、掲載情報は4億以上となり、アグリゲーションサイトとしての規模は世界トップになる。

LIFULLの井上高志社長は、「グローバルなライフデータベース企業となることを目指して、海外で活躍し、自身もビジネスを手掛ける長友氏(月刊事業構想2016年11月号参照)のグローバル本部長への就任を依頼した」と、説明した。

24日の就任発表後、長友氏は、グローバル本部長として、LIFULL社内の新規事業プレゼンテーション会に参加。LIFULLの社員の発表に感想を述べた。

LIFUL.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる