2016年11月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

パイオニアの突破力

人間活動の根本にアプローチしたい想いでヘルスケア事業に参入

長友 佑都(プロサッカー選手/事業家)

0
​ ​ ​

セリエAの名門、インテルナツィオナーレ・ミラノに所属する長友佑都は、2016年4月、選手活動と並行して健康をテーマとする企業「Cuore」を設立した。人々が夢を叶える姿をサポートしたいと言う長友は、ヘルスケア事業を通して、何を実現するのか。同氏の構想を聞いた。

--起業をした動機は、何でしょうか?

長友 僕が今、サッカー選手として世界の舞台に立てているのは、大きな夢や目標を持ち、ただひたすらにそのために必死に闘ってきたからだと思っています。僕には決してサッカーの才能があるとは思いません。最高の自分が最高のステージに立つ姿をイメージして、その夢に向かってトレーニングを重ねてきただけなのです。夢を持ち、なにごともあきらめずに継続していくことの大切さを、僕は自らの経験の中で知りました。この経験を、ひとりでも多くの人々に伝えたい。株式会社Cuoreは、そうした想いから生まれた企業です。

夢に向かって走るには健康な心と身体が必要になる

サッカー選手である僕が起業して、世界の皆さんに対して何を提供できるかをまず考えました。多くの人が毎日笑顔で過ごし、より充実した生活を送るためには、“健康”である必要があると考えました。夢に向かっていくらがんばっていても、健康でなければ身体も気持ちも向上できません。人間の活動の根本的な部分にあるのが健康だったのです。また、少子高齢化社会を迎える日本にとって、健康は非常に大きなテーマだと言えるでしょう。そんな時代だからこそCuoreは、僕の強みとしてきた運動管理や食事管理、そして心の管理を展開すべく、ヘルスケア業界へ参入しました。

例えば、運動部門では東急スポーツオアシスさんと提携し、僕のトレーニング経験とジム側のノウハウを掛け合わせた運動メニューを開発しています。食事の部門では、クックパッドのおいしい健康さんと提携し、個々の栄養価基準に沿ったレシピを提供しています。また、ITにも事業を広げています。

残り79%

0
​ ​ ​

バックナンバー

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

バックナンバー検索

売り切れ続出注目のバックナンバーはこちら


最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる