2015年10月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

プロジェクトニッポン 徳島県

買い物難民を救え 「流通の素人」が発明した画期的移動スーパー

住友達也(とくし丸 代表取締役)

1
​ ​ ​

全国700万人と言われる買い物難民をサポートする、移動スーパー・とくし丸。徳島から全国に広がるサービスは「流通業界の素人」の柔軟な発想から生まれた。

とくし丸の移動スーパー。サービス提供エリアは日本全国に拡大し、東京でも活躍中。

トラックには生鮮食品から雑貨まで、約400品目・1000点を搭載。

徳島県の田舎道を行く、一台の軽トラック。その荷台には所狭しと食料品や生活雑貨が積まれ、行く先々の民家では、それを待ちかねたように出てきた高齢者が笑顔で買い物を楽しむ。いわゆる「買い物難民」をサポートするために誕生した移動スーパー・とくし丸は、徳島発の課題解決型ビジネスとして注目され、スタートからわずか3年で全国的なネットワークを形成している。

代表の住友達也氏は、1981年に徳島県でタウン雑誌『あわわ』を立ち上げ、県内で絶大な人気を誇る一大メディアに育て上げた人物だ。

『あわわ』から身を退いた住友氏が買い物難民問題に着目したきっかけは、徳島の中山間地域で暮らす自身の母親が買い物難民化していたことからだという。

高齢者のニーズに応じて、御用聞きサービスも提供。布団やストーブ、おせち料理も望まれれば調達して販売する

新しくサービスを提供するエリアでは、本部スタッフが町を隅々まで歩き、買い物難民の調査をする

「母親は車を運転できるのでまだマシですが、たまたま一緒にスーパーまで乗せていった近所のおばあちゃんの買い方が異常なことに気がつきました。『買える時に買っておかないと、次はいつ買えるかわからないから』と、一度に驚くほどの量を買い込むことが、買い物難民には当たり前になっていたのです」

高齢者のそんな切実な姿を大きな社会問題であり、同時にビジネスチャンスだと捉えた住友氏は、消費者の玄関先まで直接訪ねて行って食品を売る移動スーパーの実現へと動き出す。

住友達也 とくし丸 代表取締役

三方良しのビジネスモデル

しかし移動スーパーという構想を抱えて徳島県内のスーパー数社に持ち込んだものの、ビジネスの影も形もないアイデアだけでは相手にされず、「できるはずもない」と冷たくあしらわれ続けた。その中で唯一「やってみましょう」と賛同してくれたスーパー、ファミリー両国の支持を受け、住友氏自身が実証実験用として軽トラックを2台用意。2012年、ついに移動スーパーとくし丸はスタートを切った。

当時すでに、買い物難民をサポートするサービスは数多く存在していたが、決して満足度の高いものではなかった。ネットスーパーは買い物難民の中心である80歳前後の高齢者には、とても使いこなせない。弁当屋やコンビニの宅配も1カ月も食べると飽きてしまい、頻繁に業者を変える人もいるという。生協の宅配サービスに対しては、「注文して1週間後に来る頃には、自分が何を頼んだか忘れてしまっている」という声が聞かれた。

残り71%

1
​ ​ ​

この記事の感想はこちらへ

バックナンバー

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

バックナンバー検索

売り切れ続出注目のバックナンバーはこちら

週間ランキング

地域商社が「稼ぐ」力をつくる 地方創生の切り札に

国土交通省スーパーメガリージョン構想 地方創生時代のデザイン

「クモの糸」を人工合成 世界が注目するバイオベンチャー

「いい企画は雑談から」 地域を芯から強くするデザイン

ヘルスケアの「外」に注目せよ 「新しい組み合わせ」が革新を生む

最新情報をチェック。

会員に申し込むと 最新「事業構想」がいつでも読み放題

会員の特典をもっとみる