首都圏・中京圏との良好な関係性 立地特性活かし関係人口拡大を

日本アルプスなどの雄大な自然と、その恵みとしての豊饒な食や温泉を有する長野県。人口減少・高齢化の波は同県にも押し寄せているが、2年連続で「転入超過」を実現している。それは何に起因するのか、そして、それを今後どう活かしていけば良いのだろうか? 

国際的にも有名な地獄谷野猿公苑。野生のニホンザルを間近で観察できる

 

1998年長野オリンピックのアルペン競技会場となった白馬八方尾根(白馬村)と志賀高原(山ノ内町)。雄大な眺望とスケール、抜群のパウダースノーゆえに「ヨーロッパ・アルプスを思い出させる」と欧州の選手たちの間で評判を呼んだ。あれから20年余、今や白馬村は北海道のニセコ町と並んで日本におけるインバウンドスキー人気を二分するエリアとなっている。インバウンドと言えば、山ノ内町にある地獄谷野猿公苑は、露天風呂を満喫する野生の猿たちの姿が世界の人々に大人気だ。

 

冬の白馬八方尾根。白馬村では、夏場の観光開発も進んでいる

長野県は、観光資源の「質」という点において、ある意味「世界一流」である。当然、多くの日本人から見ても魅力あふれる土地柄であり、冬季のスキー・スノボはもとより、夏季における軽井沢・蓼科高原・上高地など高原リゾートでの避暑や、日本アルプスの登山などもまた人々を惹きつけてやまない。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り79%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。