DXが変える広告クリエイティブ 人間行動の理解が核に

世界最大のアクティベーション・エージェンシー・ネットワークであるジオメトリー。顧客がブランドと接するあらゆるタッチポイントで価値あるブランド体験を創造し高い評価を得てきた。消費者への理解を深めることで、クライアント企業が望む、目に見える成果を出していく。

2019年夏に実施した『ストレンジャー・シングス 未知の世界』のキャンペーンでは、デジタルからリアルまでシームレスに融合したブランド体験を提供した

ジオメトリー(Geometry)は、人々の行動を変える様々なタイプの広告や、販促活動全般を一貫して創造しているアクティベーション・エージェンシーだ。Reimagine Commerce(コマースの未来を描き直す)をミッションに掲げ、人を全ての中心に置きながら、いつ、どのように、そしてなぜ買うのかを紐解いていく。世界最大の広告会社グループであるWPPの中でも、トップ6に位置づけられている。ジオメトリー・ブランドの誕生は2013年。56の国と地域でサービスを提供している。

同社の作品は、テクノロジーによって可能になるあらゆるタッチポイントや場面に新たな価値を与え、人間を中心としたアプローチをとることに特長がある。例えば、2018年にカンヌ・ライオンズで銀賞を受賞した「Touching Masterpieces」は、美術品に触れる体験を提供するヴァーチャルリアリティ(VR)プロジェクト。この作品は、目の見える人だけでなく、世界に2.5億人以上いると言われる視覚障害者にも芸術作品を鑑賞/体験することを可能にした。日本では、Netflixの大人気シリーズ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」のドラマの世界観を表現したコミュニケーションプランニングの他、レッドブルのIMCキャンペーンプランニングなど、多岐にわたるカテゴリーやブランドを手がけている。

Touching Masterpiecesは、「ミロのヴィーナス」や「ダヴィデ像」といった彫刻作品の3Dモデルを制作し、グローブ型のデバイスで作品をリアルに体感できるようにしたプロジェクト

2019年4月にジオメトリーのグローバルCEOに就任したベス・アン・カミンコウ氏がこのほど来日し、デジタル時代のクリエイティブ・エージェンシーについて語った。

ベス・アン・カミンコウ(ジオメトリー グローバルCEO)

――デジタル化の波は広告クリエイティブにどのような影響を与えてきたとお考えですか。

カミンコウ 広告宣伝業界は、デジタルトランスフォーメーション(DX)により、それ以前とは劇的に変わった。今やDXはあらゆる分野に広がっているので、より広い視野で、全体にアプローチしなければならない。考え方や、広告の作り方そのものを再定義する必要がある。

DXで強まる消費者の力

デジタル化以前は、メーカーや広告企業の方が力を持っていたと思う。現在はそれが逆転し、消費者が決定権を持つようになった。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り59%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。