遠隔医療で母体と胎児を守る 海外で先行導入、日本でも

産科医療の担い手は不足しており、病院数は減少している。高齢出産が増えている中で、妊婦が通院しづらい地域の増加は大きな問題だ。新しい遠隔医療システムによって、そうした社会課題を解決し、周産期医療を変革しようとしているベンチャーが、香川県にある。

尾形 優子(メロディ・インターナショナル CEO)

近年、産科医および産科施設の減少により、周産期医療は危機的な状況にある。産科が遠方にしかないために、日々の通院が大きな負担となり、特にリスクのある妊婦にとっては、安心して周産期を過ごせる環境が整えられていない地域も少なくない。

さらに、特定の病院に妊婦が集中することで産科医はより激務になり、さらに担い手が少なくなるという悪循環も起きている。そんな中、新たに開発された小さな医療機器がその状況を劇的に変えようとしている。

在宅で産婦人科医にデータ送信

香川県のベンチャー、メロディ・インターナショナルが香川大学との産学連携により共同開発した『分娩監視装置iCTG』。一見、インテリアショップに置いてありそうな可愛らしい雑貨にも思えるが、この小さなボディには大きな可能性が秘められている。

iCTGは、妊婦のお腹の張りと胎児の心拍数を測ることができる計測器だ。従来、そうした計測は病院にある大きな機器でしか行えなかったが、iCTGならば、いつでも、どこでも、簡単に計測ができる。

メロディ・インターナショナルは、妊婦とその家族や医療機関、行政などをつなぐ周産期遠隔医療プラットフォーム『Melody i』を構築しており、iCTGで計測したデータは、タブレット端末を通じて病院の担当医に送信される。

『Melody i』がもたらす周産期医療の変革について、CEOの尾形優子氏はこう話す。

「最近は、高齢での妊娠やハイリスクの妊娠が増加傾向にありますが、妊婦さんに自覚症状が無い場合もあり、日々細かくモニターする方がより安心です。『Melody i』を使えば、地方や離島であっても、医師にアドバイスを求めることができ、何か異変があればすぐに連絡がくるので、より安心して周産期を過ごすことができます」

また、それにより病院側の管理も圧倒的に効率化され、産科医の働き方の改善にもつながる。まさに、現代の周産期医療が抱える問題を一挙に解決する可能性を秘めた、革命的なシステムなのだ。

妊婦のお腹の張りと胎児の心拍数を測ることができる計測器『iCTG』。このデバイスにより、いつでも、どこでも、簡単な計測が可能になる

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。