東大MOT教授が説く、企業の外部連携は1対多のコラボへと進化

新規事業やイノベーションを起こす手法として注目されるオープンイノベーション。日本でも多くの企業が取り入れているが、長く自前主義のクローズドイノベーションを得意としてきただけに、うまくいかないケースも多い。オープンイノベーションにおける企業の現状と課題、将来の見通しとは何か。

元橋 一之(東京大学大学院工学系研究科 教授)

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り95%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。