2019年1月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

グローバリゼーションの未来

「新しいグローバル化」の時代、競争ルールが変わる

吉川 智教(早稲田大学 名誉教授)

0
​ ​ ​

ICTがもたらした「新しいグローバリゼーション」によって、競争のルールは大きく変わり、今後、人の移動の制約も解消されることで、さらに新しいグローバル化の時代が始まる――。気鋭の国際経済学者の著書をもとに、グローバル化とイノベーションの行方を展望する。

吉川 智教(早稲田大学 名誉教授)

「グローバル化」の歴史的な変遷

2018年に刊行されたリチャード・ボールドウィン著『世界経済 大いなる収斂 ~ITがもたらす新次元のグローバリゼーション~』はイノベーションとグローバリゼーションを同時に論じた本であり、その重要なメッセージは「モノの移動、情報の移動、人の移動が、それぞれの時代に応じた新しいグローバリゼーションをもたらす」ということです。

著者のボールドウィン教授は、MITで国際貿易に関して博士号を取得。現在、ジュネーブ高等国際問題・開発研究所の教授であり、ロンドンにある経済政策研究センターのディレクターも務めています。

『世界経済 大いなる収斂』は、それぞれの時代において、どのように条件が変化し、どのようなイノベーションが達成されれば、将来いかなる種類のグローバリゼーションが可能になるか、また、新しいグローバリゼーションが新しい競争のルールをもたらすことを明確に論じています。

リチャード・ボールドウィン著『世界経済 大いなる収斂 ~ITがもたらす新次元のグローバリゼーション~』(日本経済新聞出版社、2018)。原題は『The Great Convergence~information Technology and New Globalization~』(Harvard University Press、2016)

ここで、本書の内容を簡単に解説します(表・参照)。第1次グローバリゼーションでは、「モノの移動」が可能になったことで、国際的な交易が促進され、グローバルな経済競争が始まりました。

残り73%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる