2018年9月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

地域活性の新しいカタチ

映画で「本物」の町おこし ドキュメンタリーと芝居が融合

新井 将能(NEZASホールディングス 代表)

0
​ ​ ​

「消滅可能性都市」である栃木県那須烏山市を舞台に、新しい映画の撮影が行われた。ヒロインには、地元の高校生を選出。プロの俳優陣に交じり、素のままの状態で、本気で町おこしに奔走する。それは、映画でありながら、過疎化に悩む現実の地域を変えていく。

©2018『YOU達HAPPY映画版ひまわり』製作委員会
地元の女子高生が、ヒロインとして映画に出演。過疎化問題に悩む地域を盛り上げるために奔走する

この夏、「究極の町おこし映画」が封切られる。8月4日に宇都宮ヒカリ座にて先行公開され、9月1日からはヒューマントラストシネマ渋谷ほかで順次ロードショーされる『YOU達HAPPY映画版 ひまわり』だ。

『ひまわり』は、人気バンド「TUBE」のボーカル・前田亘輝さんが長年パーソナリティを務めるラジオ番組「YOU 達HAPPY」から生まれた。コンサートツアーで全国を回る中で、地方の過疎化に対する問題意識を持っていた前田亘輝さんは、地方創生の1つの方法として映画を企画。映画版『未来日記』で話題を呼んだ杉本達監督とタッグを組み、『ひまわり』を実現させた。

撮影が行われたのは、栃木県那須烏山市。『ひまわり』は、ドキュメンタリーと芝居が融合した独自の手法で制作されている。

ヒロインとその友人には、実際に那須烏山市で暮らす女子高生をオーディションで選出。主演の俳優、大東駿介さんが「これは映画ですが、彼女たちとの時間には本物の瞬間しかなかったです」とコメントを寄せている通り、『ひまわり』は、地元の女子高生がプロの俳優陣とともに映画に出演し、町おこしに奮闘するセミドキュメンタリー作品だ。

女子高生たちの撮影は、台本もなく、素のままの状態で行われた。杉本達監督は、「本作の主人公は一切演技をしていない。彼女にとって全てが現実」と語っている。

©2018『YOU達HAPPY映画版ひまわり』製作委員会
「TUBE」の前田亘輝さんも映画に特別出演

残り59%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる