導入相次ぐアクセラレータープログラム 成功のポイントは?

日本の大手企業がアクセラレータープログラムを導入する事例が増えている。アクセラレータープログラムの国内外の動向や、運営のポイント、成功の秘訣について国内最大手の運営者、ゼロワンブースターの合田ジョージ氏が解説する。

選抜された複数のスタートアップの成長支援を数ヶ月間に渡ってバッチ型で集中的に行う「シードアクセラレータープログラム(Seed acceleratorprogram)」は、2005年に北米のY Combinatorによって開始された。その後、2010年頃から欧米を中心として企業とスタートアップが連携してイノベーションを加速する、企業がスポンサードするコーポレートアクセラレータープログラムが勃興してきた。

日本でもこの動きは2015年頃から加速してきている。特に大手企業の雇用流動性が低い日本では、社外との連携を合理的に実施できる貴重な機会となるため、多様性が必要なイノベーションを産むための一つの選択肢としてコーポレートアクセラレーターへの期待が持たれている。

図1 一般的なアクセラレータープログラムの流れ

出典:01Booster

アクセラレータープログラムとは?

アクセラレーターとインキュベーターはよく混同される。

インキュベーター・インキュベーションは、例えるならば起業家にとってのスポーツジムのようなもので「長期」、「コストダウン」、「施設」の意味合いが強く、支援者は居ても基本的に起業家の自助努力が中心となる。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り89%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。