2017年8月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

新規事業 成功のポイント

導入相次ぐアクセラレータープログラム 成功のポイントは?

合田 ジョージ(ゼロワンブースター共同代表・取締役)

2
​ ​ ​

日本の大手企業がアクセラレータープログラムを導入する事例が増えている。アクセラレータープログラムの国内外の動向や、運営のポイント、成功の秘訣について国内最大手の運営者、ゼロワンブースターの合田ジョージ氏が解説する。

選抜された複数のスタートアップの成長支援を数ヶ月間に渡ってバッチ型で集中的に行う「シードアクセラレータープログラム(Seed acceleratorprogram)」は、2005年に北米のY Combinatorによって開始された。その後、2010年頃から欧米を中心として企業とスタートアップが連携してイノベーションを加速する、企業がスポンサードするコーポレートアクセラレータープログラムが勃興してきた。

日本でもこの動きは2015年頃から加速してきている。特に大手企業の雇用流動性が低い日本では、社外との連携を合理的に実施できる貴重な機会となるため、多様性が必要なイノベーションを産むための一つの選択肢としてコーポレートアクセラレーターへの期待が持たれている。

図1 一般的なアクセラレータープログラムの流れ

出典:01Booster

アクセラレータープログラムとは?

アクセラレーターとインキュベーターはよく混同される。

インキュベーター・インキュベーションは、例えるならば起業家にとってのスポーツジムのようなもので「長期」、「コストダウン」、「施設」の意味合いが強く、支援者は居ても基本的に起業家の自助努力が中心となる。

残り88%

2
​ ​ ​

バックナンバー

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら


最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる