VRは未来のニュースとなるか 新興メディアに大手も積極投資

VRのヘッドセットを装着し、国際紛争の現場を「体験」。それは人の感情を揺り動かし、行動を起こさせる。VRという没入型メディアが、ジャーナリズムの世界を変えている。

現在、さまざまな企業が、VRの活用を実験。単なる物珍しさでVRが語られる時代は終わり、サービスへの実装や事業化が進められている

大規模な自然災害や泥沼化する内戦、感染症や貧困による負の連載など、世界では、さまざまな問題が起こっている。しかし、多くの人は、そうした海外の窮状をディスプレイ越しに見ても、一時的に気持ちが動くことはあれど、何かしらの行動を起こすことは無い。

今、人々の共感を呼び起こし、人を動かすツールとして注目を集めているのが、VR(仮想現実)だ。2012年に設立されたスタートアップ、RYOTは、シリア内戦やネパール地震の被災地、エボラ出血熱が猛威を振るった村など、数々の現場に赴いてVR動画を制作。国際映画祭でも数々の賞を受賞している。

VRで声なき人の声を届ける

RYOTの共同創業者・CMO、モリー・スウェンソン氏は、「VRは、これまでにない感情移入、共感を生み出し、国際問題を身近に感じられる機会を提供することができます。それは人を動かし、寄付を募るうえでも効果を発揮します」と語る。

例えば、ネパール地震のVR動画では、ヘッドセットを付けた視聴者は、瓦礫の中に立ち尽くすことを経験し、被害のスケールの大きさ、深刻さを感じとる。それは、2次元の動画やテキストメッセージが伝える「情報」ではなく、臨場感のある「体験」となり、人々の感情を突き動かす。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り64%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。