日本のものづくりを再生へ 注目のファッションプラットフォーム

アパレル製造の海外シフトで、国内工場は疲弊し廃業が相次いでいる。そんな中、 アパレル工場の再生や縫製職人の仕事づくりを掲げるブランドやサービスも登場している。 日本のファッション×ものづくりを盛り上げる、5つのサービスを紹介。

Factelier

工場直結ファッションブランド

「Factelier(ファクトリエ)」はMade in Japanの工場直結ファッションブランド。老舗婦人服店に生まれた山田敏夫代表が、グッチ・パリ店での修行を経て2012年にスタートした。日本全国400以上のアパレル工場に直接訪問し、優れた技術や誇りを持つ約30工場と提携。メンズ・レディース・ベビー服といった商品を、製造するアパレル工場自らの名前をブランドに冠して、ECサイトを通じて直接販売する。中間業者を完全排除し、商品を従来の2分の1程度の価格で消費者に届けている。有名ブランドで商品を選ぶのではない、新たな価値観を消費者に提供するサービス。日本のアパレル工場の構造的課題を解決するビジネスモデルであり、各界から高い評価を受けている。

 

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り75%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。