2017年6月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

地域イノベーターの育て方

求む、スポーツ経営のプロ 2020年、競技団体の二極化が進む

高橋 義雄(筑波大学 体育系 准教授)

1
​ ​ ​

2020年の東京オリンピック・パラリンピックは、たとえマイナーな競技であっても、大きな注目を集める機会となる。そのチャンスを活かすには、どうすればいいのか。スポーツマネジメントの専門家、筑波大学・髙橋義雄教授が、求められる「経営人材」を語る。

高橋 義雄(筑波大学 体育系 准教授)

――スポーツ経営人材に求められる資質、スキルについて、どう見ていますか。

髙橋 アメリカでは、スポーツ経営人材のコンピテンシー(高業績者の行動特性)に関する研究も進んでいます。

ただ、これは私の考えですが、現時点の日本では、一つ一つのコンピテンシーよりも、そのスポーツを総合的にマネジメントできる、プロデューサーの能力が重要だと感じます。

日本では、サッカーやプロ野球、大相撲といったプロ化された競技を除くと、多くのスポーツ団体で学校の教員や実業団が運営を担い、イベントなどのビジネスは新聞社等の企業が行ってきました。そのため、新たな事業を始めようとしても、そのための知見、ノウハウがスポーツ団体内に蓄積されていません。

アメリカは、すでにスポーツビジネスの基盤が出来上がっているので、そのうえでファイナンスやマーケティングなど、各分野のプロフェッショナルをどう活かすかが議論されます。しかし、日本はそうした状況になっておらず、個々のプロフェッショナルの力よりも、トータルにマネジメントできる能力がまずは求められているのです。

また、担当するスポーツへの情熱も必要です。スポーツで新たな事業を興すには、優れたリーダーシップや情熱を持ちつつ、クールにマネジメントできる能力が欠かせません。

スポーツを事業化する難しさ

――地域密着のクラブや、多くの人を集めるスポーツイベントなど、スポーツによって地域が活性化した「成功事例」も生まれています。

髙橋 これまで、地域とスポーツ経営人材のマッチングは、幸運な偶然のうえに成り立ってきました。スポーツで町おこしに成功した人がいても、それは地元のネットワークがあるからできた可能性があり、同じ人が他の地域でも成功できるとは限りません。

残り80%

1
​ ​ ​

バックナンバー

最新情報をチェック。

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら


会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる