宇宙のゴミ問題を解決する

約30年後には人間の宇宙活動を不可能とすると言われている宇宙ゴミ問題。アストロスケールは世界で初めてスペースデブリを観測、除去するサービスの事業化を目指している。国を超え、来るべき地球・宇宙の未来社会を見据えた構想を聞いた。

伊藤 美樹(アストロスケール 日本代表)

人間が排出した膨大な数の宇宙ゴミ「スペースデブリ」

地球周辺の宇宙には現在、膨大な数のゴミが漂っており、これらは「スペースデブリ(宇宙ゴミ)」と呼ばれている。10センチ以上のスペースデブリは、約2万3000個に上る。10センチ以下のものについては数が把握されておらず、1億個以上と推定される。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り89%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。