2016年5月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

プロジェクトニッポン 福井県

温泉地再生へ、原動力は「女将」 表舞台に挑む女性たちの決意

立尾 清美(あわら温泉女将の会 副会長、白和荘 女将)

0
​ ​ ​

古くから、旅館の営業は主(あるじ)である男性の仕事であった。しかし、あわら温泉では20年も前から女将たちが表舞台に立ち、活躍している。数々のイベントを仕掛け、オリジナルの地酒を開発。安倍首相への表敬訪問も実現した。

あわら温泉に軒を連ねる13軒が加盟する「女将の会」。世代を超え、信頼関係で結ばれている

「関西の奥座敷」とも称される、開湯130年以上の歴史を誇る芦原(あわら)温泉。豊富な湯量で各旅館が自家源泉を持つことから、温泉の共同管理という仕組みがなく、そのぶん、かつては他の旅館との協力体制がない状態であった。

「女将どうしも、立場が同じで理解し合える存在のはずなのに、昔は会えば挨拶する程度でした」と旅館『白和荘』の女将、立尾清美氏は振り返る。そんな中、24年前、「一度みんなでご飯でも」と女将たちが集まる企画が立ち上がった。「日々の愚痴話でもしてくれば?」と家族に背中を押されて、“おしゃべりの会”は重ねられた。それが、『あわら温泉女将の会』の結成につながっていったのである。

表舞台へ、積極的に情報発信

会の始まりから5年、転機が訪れる。97年のナホトカ号重油流出事故だ。風評被害がひどく復旧の目途も立たない状態だったが、多くのボランティアの助けにより早々に回復。女将たちが関西のメディアに出演し感謝を伝えると、意外な波及効果が現れた。

「女将は旅館の中にいるもの」という常識がある中で、表に出始めた女将たちは世間の注目を集め、イベントへの出演依頼などが舞い込むようになった。当時は全くの受け身で、「宿をおろそかにせず、来た依頼をできる範囲で」という気持ちと、「あわらのためなら」という使命感のようなものが入り混じっていたが、女将たちが自覚的に活動する分岐点になったことは間違いない。

インターネットの活用も先進的だった。会がホームページを開設したのは、インターネット黎明期の2000年。

「本当に幼稚なもので、今見ると笑えますが、歴史を振り返るという意味もあって、あえて大きくは変えていないんです」

残り64%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる