「うどん県」でブランド力急上昇 世界を魅了する香川へ

「うどん県」を前面に打ち出したプロモーション戦略で、ブランド力を高めた香川県。浜田知事は、「うどん」にとどまらない県の魅力を発信し、観光戦略を強化。地域の資源である「希少糖」などを活かし、成長産業の創出にも力を注ぐ。

浜田恵造(香川県知事)

―香川の地域資源の潜在力や可能性について、どう見ていますか。

香川には多くの地域資源があります。まずは、2014年に国立公園80周年を迎えた瀬戸内海。国立公園指定第一号で、なかでも備讃瀬戸(香川県と岡山県の間の海域)が一番に指定された地域です。「世界の宝石」と称される瀬戸内海の原点です。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り95%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。