観光から工業・商業まで 複合産業都市として成長目指す

観光から工業・商業まで、さまざまな産業が集積する佐世保市。朝長市長は、佐世保の個性と魅力を幅広く発信しつつ、「地の利」を活かして、企業の誘致や産業の発展に向けた取り組みを強化する。

雄大な自然美を堪能できる九十九島は、観光地として人気を集める

戦略的な拠点となる立地

―市長が考える、佐世保市の魅力とは。

佐世保を構成する柱はたくさんありますが、一つは観光の街という面です。観光庁が進める「観光立国」の取り組みで、佐世保市は新観光圏「『海風の国』佐世保・小値賀観光圏」として国土交通大臣から認定を受けました。

西海国立公園「九十九島」を中心に、またハウステンボスを中心にした観光は、国内外から評価され、魅力にあふれていると同時に、さらなる伸びしろがあると感じています。地元の方々が商品開発を行い、同時にガイド役を担う「時旅」という独自の企画は、観光の楽しさを拡大させています。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。