「その分野のプロ」と企業をWEBマッチング visasQ

新事業の立ち上げなどでは、その分野のスペシャリストの意見を聞くことが大切。米国では「プライマリーリサーチ」という名称で認知されるサービスを、日本オリジナルのWEBサービス「ビザスク」として提供しているのがwalkntalkだ。

端羽英子 walkntalk 代表取締役

個人の知見と企業をマッチング

新しいアイデアを思いついた時、それを事業化するためには市場性、規制や参入障壁の有無などについて事前リサーチが必要になる。しかし、そのアイデアが専門外、あるいはこれまでにないものであれば、自分で調べられることには限界がある。コンサルティング会社に依頼することもできるが、アイデア段階でコンサルタントを雇うほどの予算がないという場合も多々あるだろう。

多額の資金を投じることなく、該当する分野の専門家のアドバイスを受けたい。

そんなニーズは少なくないはずだ。この課題を解決するためのサービスがいま、注目を集めている。個人の知見と企業のリサーチニーズをマッチングし、1時間単位で電話やメール、対面で相談できる「ビザスク(visasQ)」というWEBサービスだ。言わば、ビジネスナレッジのクラウドソーシングである。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。