新たな選択肢 ソーシャル・ビジネス

ソーシャル・ビジネスは、社会問題を根絶するための利他的なビジネスだ。会社に利益が生じても、個人に利益が配分されない。会社の目的は、社会問題の解決にあるからだ。従来の株式会社や、非営利組織、行政機関とは異なる。その手法は、投資家や経営者、起業家、労働者に、新たな選択肢を与えている。

ムハマド・ユヌス ノーベル賞受賞、グラミン銀行創設者 Photo by World Economic Forum

常識を覆した融資プログラム

ユヌスは、経済学博士号を持つ大学教授だった。しかし、1974年にバングラデシュで起きた大飢饉で貧困を目の当たりにし、貧困の撲滅を目指した実践活動に取り組むことになる。彼が特にショックを受けたのは、高利貸しの借金返済と、不平等な商習慣に縛られた貧困層が、どんなに懸命に働いたとしても、貧困をから抜け出せない現実だった。銀行に対して、貧しい人にもお金を貸すよう訴えたが、当時の常識では、貧困層には融資の資格はないとされ、断られた。そこで、彼は借金の保証人になり、貧しい人に、貧困から脱するために必要な少額融資(マイクロファイナンス)を始めた。その結果、返済期限を破る者は一人もいなかったという。

 

この融資プログラムに自信を深めたユヌスは、拡大を試みたが、思うようにはいかなかった。やむにやまれず、貧困者専門の「グラミン銀行」を、長い苦労の末、1983年に設立した。

 

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り74%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。