様々なサービスを用意する翻訳会社

今すぐ海外進出に乗り出したいが、英語力が壁になるケースは多々ある。英語力や翻訳技術だけでなく、各国のルールを熟知した文書作成力、申請の手順や代理申請など、海外進出のトータルサポートを提供している翻訳会社に注目が集まる。

海外進出といえば、これまでは大企業や製造業だけの懸案という雰囲気があった。つまり、それ以外の中小企業にとっては、海外進出などは、まさに他人事の話題であったろう。しかし、これからの日本の未来を考えると、そうノンビリしているわけにはいかない。

竹内英二 日本政策金融公庫総合研究所 上席主任研究員

「これから日本は人口が減っていきます。毎年1兆円規模で個人消費市場が縮小するという見方もあります。そうしたとき、中小企業はどうなるのでしょうか?小売店や飲食店の多くは年商3000万円から5000万円ですが、そうした企業が毎年2万店以上も減っていく計算になります。市場の縮小は他人事では済みません。これからは、そうした非製造業の中小企業でさえ、海外に出ていかざるを得ない状況になりつつあります」と、日本政策金融公庫において長らく中小企業の経営問題などを調査してきた上席主席研究員の竹内英二氏は言う。

そうしたセミナーなどに参加する経営者は、どのような不安を抱いているのだろうか?

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り78%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。