2014年4月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

ボーン・グローバル

様々なサービスを用意する翻訳会社

竹内英二(日本政策金融公庫総合研究所 上席主任研究員)

0
​ ​ ​

今すぐ海外進出に乗り出したいが、英語力が壁になるケースは多々ある。英語力や翻訳技術だけでなく、各国のルールを熟知した文書作成力、申請の手順や代理申請など、海外進出のトータルサポートを提供している翻訳会社に注目が集まる。

海外進出といえば、これまでは大企業や製造業だけの懸案という雰囲気があった。つまり、それ以外の中小企業にとっては、海外進出などは、まさに他人事の話題であったろう。しかし、これからの日本の未来を考えると、そうノンビリしているわけにはいかない。

竹内英二 日本政策金融公庫総合研究所 上席主任研究員

「これから日本は人口が減っていきます。毎年1兆円規模で個人消費市場が縮小するという見方もあります。そうしたとき、中小企業はどうなるのでしょうか?小売店や飲食店の多くは年商3000万円から5000万円ですが、そうした企業が毎年2万店以上も減っていく計算になります。市場の縮小は他人事では済みません。これからは、そうした非製造業の中小企業でさえ、海外に出ていかざるを得ない状況になりつつあります」と、日本政策金融公庫において長らく中小企業の経営問題などを調査してきた上席主席研究員の竹内英二氏は言う。

そうしたセミナーなどに参加する経営者は、どのような不安を抱いているのだろうか?

残り77%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる