インパナトーレを目指せ

小さな企業同士が連携し、世界的なブランドを築く。一人家電メーカーのアカリネ・森宮祐次社長は、イタリアに学んだ製品開発手法で、海外展開を目指していく。

アカリネ・森宮祐次社長

ソニー出身のデザイナー、森宮祐次氏が2009年にたった1人で立ち上げた照明メーカー、アカリネ。スピーカーと一体化した照明、揺れながら1分間だけ灯る照明、転がして影を楽しむ照明など、独創的な製品を次々と発表し、注目を集めている。

そんなアカリネは、製品開発も独特だ。第一号製品「001」では、古くから西陣織の着物や帯で使われている銀糸メーカーと共に、たった1本の糸から編んだランプシェードを開発。製品「004」では、富山県の手すき和紙を使ったシェードを採用した。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り73%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。