企業のグローバル展開を後押し

ライオンブリッジは、マイクロソフト社をはじめとするグローバルIT企業の世界展開が活発化した時期に、ローカリゼーションの専門会社として1996年に設立された会社だ。

稲垣美貴(いながき・みき)ライオンブリッジジャパン代表取締役

米国マサチューセッツ州に本社を構え、26カ国に拠点を持ち、顧客は全世界で500社以上。100を超える言語ペアの翻訳に対応している。翻訳会社としては数少ない上場企業で、1998年のNASDAQ上場後、売上において世界一位の翻訳企業となったことで世界的に知名度が高い(出典:CommonSense Advisory「The Top 100Language Service Providers:2013」)。

マイクロソフト社のいくつかの製品においては、同社が製品展開する全ての言語の現地語化を担当。その実績により、コンシューマ向けから管理者向けまで、IT系の幅広い分野のソフトウェア、ハードウェア製品、光学・OA機器のローカライズを得意としている。さらにライフサイエンスや医療機器分野にも対応できる。全世界に散在する、十分に力量を精査された各分野の経験豊富な翻訳者の中からお客様の品質要件にあった翻訳者が選定される。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り68%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。