2013年11月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

地域未来構想 高知県

「おきゃく」の文化で高知を伝える

土佐のおきゃく

1
​ ​ ​

毎年3月、高知市を中心に開催される「土佐のおきゃく」は40前後の主催団体が集結し、短期集中的にイベントを繰り広げる。そこには高知流のおもてなしである「おきゃく」文化を守りたい、熱い思いがある。

メーン会場の中央公園で行われている「日本一の大おきゃく」の様子。土佐のお座敷遊びを楽しんでいる

ALL高知で街を盛り上げる

商店街で行われている「日本一の大おきゃく」の様子。アーケードの真ん中に座敷とこたつを設置して飲食を楽しめるようになっている

高知県で宴席のことを指す「おきゃく」。その言葉を冠にした祭りが毎年3月、9日間にわたって開催されている。

期間中は40前後の団体がそれぞれの場所で、それぞれに趣向を凝らしたイベントを実施。この全国的にもめずらしい祭りの狙いについて、「土佐のおきゃく」実行委員長を務める上村嘉郎氏はこう語る。

「高知には『皿さわち鉢』と呼ばれる伝統料理があります。直径数十センチの大きな皿に、海の物、山の物、酒肴、デザートなど様々な料理が盛りつけられた、高知の宴会には欠かせないものです。『土佐のおきゃく』は、高知の街全体をその皿鉢に見立てて、大小様々なイベントを盛り合わせているのです。高知県の観光は3月になると閑散期を迎えますが、一方で、その時期においしくなる食材がたくさんあるんです。

残り73%

1
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる