2013年9月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

女性イノベーター50人の構想

日本語になかった「言語技術」、次世代リーダー育成高校

三森ゆりか(つくば言語技術教育研究所)、田中玲(本気で日本の未来を考える)

0
​ ​ ​

日本語にはない「言語技術」を発見、指導

三森ゆりかさん つくば言語技術教育研究所所長

世界の多くの国々で母語教育として実施されている「言語技術」を日本語で指導。批判的分析的に思考し、議論し、記述するための体系的カリキュラム、教材等を独自に作成し、指導している。

Q 事業アイデアのきっかけは?

中高時代に暮らしたドイツの母語教育が日本のそれと異なることを体験。その後勤務した日本の大手総合商社で日本人が交渉等に弱いことを知り、日本語での言語技術指導の必要性を認識。

Q アイデアを形にするめに重要だったことは?

西洋で一般的な母語教育である言語技術を日本語で体系化するために、各国の教科書の収集と分析、さらには日本人に必要なカリキュラムと教材の作成。

三森ゆりか(つくば言語技術教育研究所)
上智大学卒。丸紅勤務を経て、つくば言語技術教育研究所を設立。周辺に住む子供達への言語技術指導を小さな塾形式で開始し、現在に至る。

学校では学べないキャリアプロデュースの場を創る

田中玲さん 本気で日本の未来を考える代表取締役社長

若者向けの有料コミュニティ「マジコウ」を全国で展開。キャリアを真剣に考えたい!というメンバーに、カウンセリングやワークショップ等の企画を提供し、キャリアプロデュースのサポートを行っている。

Q 事業アイデアのきっかけは?

自分が本当にやりたいことは何か?という悩みに、真剣にアドバイスしてくれる人がいないことに大学生の頃に気付き、今のビジネスを立ち上げました。学校では教えてくれないことを学べる場を作りたいと考えました。

Q 今後の展開

7月にメンバーだけが24時間365日使える「リアルサロン」を大阪にオープンさせました。リアルなコミュニティスペースを全国各地に展開し、オフラインでの繋がりを作っていきたいと考えています。

田中玲(本気で日本の未来を考える)
大学在学中に「大人が真剣に若者を育てる場を作りたい!」という想いでキャリアスクールを設立。卒業後もキャリアプロデューサーとして活動し、2012年 本気で日本の未来を考える株式会社を設立。若者のリアルな声を届ける役割として、NHK「ニッポンのジレンマ」にも出演。

残り-3%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる