グローバル企業を生み出す「京都流」

京都の先端産業は、急速な成長を続け、世界に名だたるグローバル企業を多数輩出している。海外で京都企業が成功する秘訣はどこにあるのだろうか。

オムロン、京セラ、島津製作所、堀場製作所、ローム、ワコール―京都が生んだグローバル企業は、そのまま日本を代表するグローバル企業でもある。

ワコール本社1Fのアンダーウェア展示コーナー
ワコールでは、全世代の女性を対象に、幅広く商品展開
を行っている

なぜ、京都はここまでグローバル企業を生み出し続けるのだろうか。

一つの共通点は、グローバル化した企業の多くは、ものづくりにおける先端産業であることだ。そして、京都は大手企業の城下町ではなく、地元に大口顧客が存在しないため、外に出て行かざるを得ず、早期から海外を目指してきたことがあげられるだろう。

いち早くグローバル展開に成功した島津製作所

冒頭にあげた企業の中でも、最も長い歴史を持つのが島津製作所だ。創業は1875年。それだけに、グローバル展開もいち早く行っている。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り82%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。