事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

米穀卸の神明とJAXAベンチャー提携 衛星データでコメ栽培最適化へ

月刊事業構想編集部(2019/12/24)

0
​ ​ ​

神明ホールディングスと天地人(東京都港区、関連記事参照)は、農業への宇宙技術の活用を目的に、2019年12月20日に業務提携した。将来的なコメの生産増につなげるため、衛星技術を活用した農業を確立するプロジェクトを開始する。

具体的には、これまでに蓄積された膨大な衛星データを天地人の土地評価エンジン「天地人コンパス」で解析し、 収穫量が増やせる圃場や、味の良いコメが収穫できる可能性を持つ圃場を見つけ、農家と協力してコメを栽培する。このコメは「宇宙ビッグデータ米」と名付け、神明ホールディングス傘下の飲食店で提供予定だ。最初の「宇宙ビッグデータ米」の収穫は2020年9月を予定している。

天地人は、内閣府主催の宇宙ビジネスアイデアコンテスト「S-Booster 2018」での受賞をきっかけに、設立された起業。創業者には、JAXA職員と農業IoT分野に知見のある開発者が入っている。

天地人コンパス.png
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる