事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

600 自販機に強み持つダイドーとの業務提携契約を締結

月刊事業構想編集部(2019/4/26)

0
​ ​ ​

キャッシュレスミニ無人コンビニ「600」を提供する600(東京都渋谷区、月刊事業構想2019年1月号参照)は、ダイドーグループホールディングスを引き受け先とした第三者割当増資を実施した。同時に、子会社のダイドードリンコとの業務提携契約を締結したことを、2019年4月25日に発表した。今回の資金調達は、2019年1月に続くシリーズBで、ダイドーグループ他から計3億円を調達した。

ダイドードリンコは、自動販売機による清涼飲料の企画・開発と、販売のオペレーションのノウハウを持つ。600は、ダイドーグループとの提携を通じて、中短期的には新サービス開発、、中長期的には物流の観点からの成長を実現させることを目指している。

「600」は東京23区を中心に展開しているミニ無人コンビニ。現在の設置個所は75を超える。品揃えをカスタマイズできる点やオフィス内に設置できることから、ランチタイムの行列を避けたり、高層階のオフィスから外に出ることなく買い物をすることが可能になる。

600無人コンビニ.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる