事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

西粟倉村 関係人口づくりのためのスマホアプリを提供開始

月刊事業構想編集部(2019/3/14)

0
​ ​ ​

岡山県英田郡西粟倉村は、2019年3月13日、スマートフォン・アプリ「西粟倉アプリ村民票」をリリースした。アプリの運営協力はエーゼロ(月刊事業構想2018年9月号参照)。住民向けの役場からの情報提供にとどまらず、関係人口づくりに焦点を当てたアプリだ。西粟倉村では、2019年度中に1万人の利用者を集めることを目標に掲げている。

アプリでは、まず月2回程度、西粟倉村の情報提供を行う。季節に応じた動植物や食材の情報、 林業・農業やローカルベンチャーのトピックスを利用者に届ける。

さらに、「アプリ村民票」のID機能を用いて、継続的かつそれぞれの人に合わせたコミュニケーションやサービスを提供する計画だ。例えば、居住地域とボランティア協力履歴に基づき、村からボランティア協力依頼がメールで届いたり、アンケートへの回答や年齢などの情報などに基づき、 イベント案内が来たりする。また、ふるさと納税履歴などから、ID提示による施設優待利用なども可能とした。今後、アプリ村民限定スペシャルツアーの開催や、アプリ村民限定商品などの提供も検討している。

西粟倉アプリ.png
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる