2019年12月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

我が社の構想

北九州のソウルフード「資さんうどん」 第二創業期の変革に挑む

佐藤 崇史(資さん 代表取締役社長)

0
​ ​ ​

地域の人たちに愛されて43年。北九州のソウルフードとして名高い「資さん(すけさん)うどん」。2018年から新体制になり、第二創業期に入った。佐藤社長に、今後の成長戦略について話を聞いた。

北九州発祥の資さんうどん。1976年の創業以来、「幸せを一杯に。」を使命に事業を展開している

昔ながらのこだわりは
頑なに貫く

北九州の住民で知らない人はいないと断言してもいいほど、地域の人たちに愛されているうどんチェーン店がある。株式会社「資さん」が運営する「資さんうどん」だ。創業者の故・大西章資氏が1976年に第一号店を開店して以来、「幸せを一杯に。」を使命に北九州全域にドミナント戦略で店舗を増やし、一代で約40店舗を展開して誰もが知るローカルブランドを育てた。

現社長の佐藤崇史氏は、ソニー、ボストン・コンサルティング・グループ、ファーストリテイリングなどを経て、昨年3月に資さんのトップに就任。新体制となった第二創業期の展望として、「『北九州の資さんから九州の資さんへ』。そして『世界中で愛される資さん』を目指している。本物ならば、いつでも、どこでも、どんな時代でも受け入れられる。創業者の残した『最高の一杯』を多くの皆様にお届けすることで、幸せを分かち合いたい」と語る。

残り51%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる