数字で見る 増加する外国人労働者、 ボーダーレス化する日本

訪日外国人数は2018年に初めて3000万人を突破、国内で就労する外国人労働者も増え続けている。外国人と共に働くことや、外国人向けのビジネスを考えることは、新事業を構想するきっかけとなる。低成長の高齢社会に新しいメンバーを誘致し、巻き込む方策が必要とされている。

増加する訪日外国人数

訪日外国人の2013年以降の増加は著しく、5年で3倍に増えた。宿泊施設や交通機関などの観光インフラだけでなく、滞在中の万一に備える、医療機関の受け入れ態勢の整備なども急務となっている。

出典:日本政府観光局(JNTO)

 


全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り67%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。