なぜ日本のCVCはうまくいかないのか 米国のICT企業に学ぶ

なぜ米国と異なり、日本のCVC(コーポレートベンチャーキャピタル)の多くが、成功を収められないのか。日米大手企業でCVCに従事し、多くの投資実績を持つ倉林陽氏が、日本の大手企業が抱える課題と求められる取り組み、これからの展望を語る。

倉林 陽(DNX Ventures マネージングディレクター)

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り95%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。