ニューヨークで見た アマゾンに侵食されるアメリカ経済

アマゾンは常に、アメリカ経済界の話題の中心にいる。音声アシスタント「Alexa」の投入や、自然食品チェーン・ホールフーズの買収など、デジタルとリアルを繋げるアマゾン戦略は、アメリカと生活者をどう変えていくのか。

今年8月、アマゾンは自然食品スーパーマーケットチェーン・ホールフーズを137億ドルで買収
Photo by Ines Hegedus-Garcia

AI音声アシスタント「Alexa」を搭載したスマートスピーカー「Amazon Echo」

全米8,500万人のプライム会員

アマゾン、アマゾン、アマゾン――。広告・メディア・金融などの大手企業が集積するニューヨークだが、ビジネスパーソンたちは遥か4,000km離れたシアトルの企業の話ばかりをしている。

数年前まで"単なる"EC業界の巨人であったアマゾンは、リアル店舗ビジネスへの進出、動画サービス、音声アシスタント搭載スピーカーなど、次々と新ビジネスを打ち出し、旧来型産業はディスラプションに翻弄されている。

世界最大の広告グループ、WPPのマーティン・ソレルCEOは、ニューヨークで9月に開かれたカンファレンスにおいて、広告業界が注視すべき5つの企業を挙げた。グーグル、フェイスブック、アマゾン、そして中国のテンセントとアリババだ。マーティン・ソレル氏はしばしば、グーグルとフェイスブックをFrenemies(Friend+Enemy)と表現するが、アマゾンには明確に警戒心を示している。アマゾンは生活者の購買行動を大きく変化させており、また、購買行動データを独占しているからだ。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り69%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。