薄さ2mmの老眼鏡、世界へ 「地元の自慢」になることが成長の礎

老眼鏡の分野には、サングラスにおける『レイバン』のようなブランドが存在しない。そこに着目したのが、眼鏡産地・鯖江の中小企業、西村プレシジョンだ。グッドデザイン賞の受賞などで評価を確立し、海外展開にも力を入れている。

2mmの老眼鏡「ペーパーグラス」は、折り畳み時には長財布にも収まるスリムさ、栞のように本などに挟めるコンパクトさで、携帯性が人気となっている

薄さ2mmの老眼鏡――。多くの人がこの言葉を一瞬、いぶかしく思うも、それを実際に手にすると驚きと感動をもって、思わず納得する。その製品とは『Paperglass(ペーパーグラス)』。1993年10月に設立された西村プレシジョンが、2012年9月に自社ブランドとして販売を始めた老眼鏡である。

「サングラスと言えば『レイバン』というように、各分野に代表的ブランドがありますが、老眼鏡にはなかった。だったら、自分がそれをつくればいいと考えたのです」と、社長の西村昭宏氏は語る。ペーパーグラスは、世界的ブランドを目指して少しずつ、そして着実に世界へと広がっている。

ネット販売で苦境を打開

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り81%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。