2016年8月号

五輪を契機に自社の構想を考える

五輪を契機に自社の構想を考える2020年に向けた事業構想セミナーを開催

月刊事業構想 編集部

0
​ ​ ​

事業構想大学院大学 事業構想研究所(東京・港区、学校法人日本教育研究団)は、8/1~8/4の間「2020年に向けたビジネスセミナーウィーク」を開催する。

特設ページ:https://www.mpd.ac.jp/lp/2020

本セミナーの目的は、五輪を契機に参加者自身の事業構想を考えること。1964年の東京五輪を振り返ってみれば、それを契機にして、新産業が数多く生まれていった。(詳報は、月刊事業構想9月号(8月1日発売)をご参照いただきたい)その中には、五輪に直接的に関係をしなかった東海道新幹線の開通も含まれ、成熟社会を迎えている現代日本においては、五輪を契機として、いかにしてこれまでになかった新産業を構想できるか、がポイントとなる。

セミナーでは、既に確立された知識体系を講義する一般的な内容とは一線を画し、来るべき未来社会に向けて、新たな事業の種がどこにあるのか?といった観点から行われる。したがって、新事業担当者はもちろん、次の新ビジネスを構想する企業経営者・幹部、承継者、起業を志す方などのリーダー層が対象となる。

テーマは、FinTech、エネルギー、インクルーシブデザイン、食、観光・DMOが取り上げられ、それぞれの専門分野を持つ大学院教授、中小~大手企業まで経営コンサルティング経験豊富な実務家教員のほか、元内閣府副大臣といった政治経験者で政治経済界にネットワークを持つ教授、DMO研究・推進の国内第1人者、本誌・月刊事業構想の編集長など、各界の専門家が登壇する予定。

なお、本セミナーは少人数制となっており、参加者との対話の中で行われる予定。席に限りがあるため、予約申込が必須となっている。

  1. 8/1(月) 15:00~17:00
    FinTechで実現するキャッシュレス社会
    https://www.mpd.ac.jp/event/event0064/
  2.  

  3. 8/2(火) 15:15~17:00
    新たなエネルギー事業構想の模索
    https://www.mpd.ac.jp/event/event0067/
  4.  

  5. 8/3(水) 13:00〜14:45
    パラリンピックを契機に考える すべてのひとのためのデザイン
    https://www.mpd.ac.jp/event/event0066/
  6.  

  7. 8/3(水) 15:15~17:00
    「食」事業の大転換
    https://www.mpd.ac.jp/event/event0065/
  8.  

  9. 8/4(木) 15:15~17:00
    観光・DMO 地方に誘客するための体制づくり
    https://www.mpd.ac.jp/event/event0069/

 

※事業構想大学院大学は、オリンピック・パラリンピック東京大会組織委員会協定締結校です。

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

初月無料キャンペーン実施中

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。今なら

初月無料キャンペーン実施中