地域エネルギー会社の作り方 研究員募集

地域エネルギー会社の作り方 研究員募集

本プロジェクト研究の目的は、地域企業と自治体が協働する地域エネルギー会社の設立を目指し、地方創生に寄与することを一義とします。

事業構想計画をアウトプットとした、発着想、構想案、シミュレーション、リサーチ、計画、投資側とのコミットメントなどをプロセスとして学びながら、研究員(参画する企業や自治体)の計画する事業の実現性をともに画策していきます。事業構想ノウハウを持った教授陣と、政策動向の意思決定者(現職国会議員など)、参画企業(事業の実施者や自治体)と三位一体となるプロジェクトを1年間執り行っていく予定です。

実際に、計画段階で、外部アライアンスや連携する自治体の選定、ビジネスマッチングなど、具体的な実行化支援も行っていきます。

プロジェクト研究における研究員の条件は、以下の通りです。

  1. ●本気で地方創生をなしとげようとしている方
  2. ●地域のキャッシュフローを速やかに改善し、恒常的な自治体や地域住民に寄与する産業創出を望まれる方
  3. ●現在、地域において企業経営、起業、自治体運営に関与されている方、またはその予定である方

また、既にプロジェクト発足している「電力小売自由化プロジェクト研究」の研究員(15社)とコミュニティーを形成し、ビジネスマッチングや協業などにおいてWinWInを画策していきます。

地方創生には、地域への愛情、パッションが必要不可欠です。エネルギーを取り巻く産業トピックは日進月歩です。本プロジェクトでは、ノウハウだけでなく、最新の政策動向や事例をいち早く提供し、皆様の事業構想をより精緻に計画化できるよう最大限の支援をして参ります。皆様と本プロジェクトにてお会いできますことを心より楽しみにしています。

募集概要
プロジェクト研究名
地域エネルギー会社の作り方
募集対象
地方自治体、地方企業、地域エネルギー会社
目的
地域経済、雇用、環境に貢献する地域エネルギー事業を構想する。特に、単なるエネルギー会社の設立のみの留まらず、地域のエネルギービジョン策定、農林漁業などの関連産業の育成・発展、地域ブランドの確立、観光などによる交流人口の増加、移住者の促進など地域の抱える課題解決を考慮しながら研究を行う。
実施期間
2015年4月~2016年3月(予定)
研究会開催日程
月2回、1回あたり4時間
募集人数
10名~15名研
研究参加費
年間120万円(消費税別)
担当教員
岸波宗洋
 事業構想研究所 教授員、日本工学アカデミー会員
谷本龍哉
 元内閣副大臣、事業構想研究所 客員教授
ゲスト講師招聘予定
農林水産省、経済産業省・資源エネルギー庁、総務省など省庁ドイツ・地域エネルギー会社に詳しい専門家、国内・先行事例の自治体、エネルギー会社地域エネルギーマスタープランづくりの専門家、再生可能エネルギー研究者、大学教授 など

  1. お問い合わせ
  2. 東京都港区南青山3-13-16(表参道1分)
  3. TEL:03-3478-8402
  4. e-mail:jken@mpd.ac.jp

 


新事業のアイデアを考え構想する
社会人向けの事業構想大学院大学 詳細はこちら

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り0%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。