消費者と企業が新製品を作る 共創プラットフォームamidus

企業のシーズを、クリエイターや消費者のアイデアを活かしてプロダクト化するオープンイノベーションのプラットフォーム「amidus」が注目を集める。「失敗できない」という大企業の新規事業担当の悩みにも応えられるツールだ。

消費者が技術や機能ではなく、付随するサービスなどの付加価値で商品を選ぶ時代。もはや一社単独で製品・サービスを開発し、ビジネスを完結させることは難しくなっている。

そんな中で、企業と消費者による新しい共創のプラットフォーム「amidus(アミダス)」が注目を集めている。独創的な家電製品の企画・デザイン・販売を手がけてきたamadana(旧社名リアル・フリート)が立ち上げたプロジェクトだ。

生活者を新商品開発の中心に知財開放のムーブメントを起こす

日産自動車が協力する「電気自動車発想プロジェクト」。クリエイターやエンジニアを募り、キャンプ場でのアイデアソン「CAMP HACK DAY」が開催した

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り83%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。