2014年8月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

地域未来構想 岐阜県

ダイバーシティは最大の成長戦略

野田 聖子(衆議院議員)

0
​ ​ ​

―― 現在の日本の政策課題と、今後への見通しをお聞かせください。

現在の日本において、最も重要な政策は、“近未来の日本を立て直すための成長戦略”で、そのひとつが、女性の起用と少子化対策です。

政権公約のひとつに「2030」があります。2020年までに女性が指導的地位に占める比率を30%以上にするというものです。

野田 聖子 衆議院議員

私自身、もともと、“ダイバーシティ”こそが、最大の成長戦略になると考えていました。すなわち、女性はもとより、高齢者も、障がい者もイキイキと活躍できることが重要だと。

そういう意味で、2020年という年は、日本にとってのターニングポイントになるのではないでしょうか。今までの経済至上主義は終焉を迎え、各種インフラも、年齢・性別・国籍・障害の有無を問わず、あらゆる人にとって利用しやすいものに変わっていかざるを得ないでしょう。

残り76%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる