旅行者の不満をヒントに起業

月間ユーザー数2億人を超える世界最大の旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」。日本においても、その存在感を高めつつある同サイトであるが、旅行者に役立つだけでなく、ホテル側にも変革をもたらしている。その理由とは。

スティーブン・カウファー トリップアドバイザー創業者兼CEO

口コミ数1億5千万件以上

トリップアドバイザー(本社:米国マサチューセッツ州ニュートン)は、旅行者が最高の旅行を計画し実行するための旅行口コミサイトだ。

旅先の「泊る」「見る」「遊ぶ」「食べる」に関する旅行者の実体験を中立的な立場で掲載し、世界各地のホテルや観光スポット、レストランを、利用者の評価によってエリアごとに細かくランキング。価格や評価での絞り込み検索も可能で、旅行者に幅広い旅の選択肢を提供する。

旅行者コミュニティとして世界38か国でサイトを展開。2億6千万人を超える月間ユーザーを持ち、370万軒以上の宿泊施設、レストラン、観光名所に対し、1億5千万件以上の口コミ数を誇る、信頼性の高いサイトだ。

日本のサイトでは、世界中の旅行者が選んだ観光地やホテルのランキング発表や新サービスのリリースを、日本のマーケットに合わせた編集をして発信。「夜景のきれいなホテルランキング」、「日帰り温泉&スパ」、「外国人に人気の日本の観光スポット」など、日本独自のランキング発表も行っている。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り72%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。