中堅・中小企業を変える「イノベーション人材」を育成

経営資源に乏しい中堅・中小企業が、独自で人材を育成するのは難しい。広島県では、大胆な支援策を導入し、人材育成のサポートを行っている。

イノベーション人材の育成を目的としたセミナーを数多く開催

広島県では、持続的なイノベーションを実現するための人材育成を支援している。

ここで言うイノベーションとは、単なる技術革新という意味ではなく、「これまでの発想や手法にとらわれることなく、新しいアイデアで新たな価値を創造していくこと」である。

かつて企業へアンケートをしたところ、「イノベーションに取り組む人材が不足している」という意見が続出した。人材を育てるのは企業の役目だが、中堅・中小企業では独自で人材育成をするのが難しい。

そこで、人材育成を希望する企業の背中を金銭面で後押しするのが「イノベーション人材等育成事業補助金」である。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り70%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。