2013年3月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

茨城県 インフラ再生大作戦

日立駅は「まちの復興」のシンボル

PROJECT DESIGN 編集部

0
​ ​ ​

2011年4月に誕生した新しい日立駅。周辺環境になじむように、高さを低く抑えている

駅が単に電車に乗るための場所でなく、憩いの場に。開放的な設計で、海を眺めることができる日立駅は、多くの人を呼び込み、まちの元気の源となっている。

新しい日立駅から見える広々とした太平洋の眺めに圧倒される。海側には洒落たカフェもあり、Wi−Fiにも対応しているので、のんびりと海を見ながらPCを打ったり、読書をする人がいたりと、通常の駅のカフェとは若干趣を異にしている。

建物全面は透明な展望スペースから海を一望することができるガラスに覆われ、開放的な空間になっている

ガラスを多用した駅舎や通路などの建築は光にあふれ、本当に美しい。

この新しい日立駅の建て替えは、日立駅周辺地区整備の中心事業として、市とJRが連携して行った。 2011年4月に利用開始され、昨年11月に全体が完成している。

残り62%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

初月無料キャンペーン実施中

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。今なら

初月無料キャンペーン実施中