事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

ソーシャルデータバンク 都のQRコードコロナ情報伝達を支援

月刊事業構想編集部(2020/6/15)

0
​ ​ ​
 

ソーシャルデータバンク(東京都港区)は、東京都が運営する、LINEを活用した「東京版新型コロナ見守りサービス」の構築支援を行なった。2020年6月12日に発表した。

ソーシャルバンクは、LINE公式アカウントの機能を拡張するクラウド型マーケティングツール「Liny(リニー)」の開発・販売を中心に、ビジネスでのLINE活用の提案やサポートを行っている企業。

「東京版新型コロナ見守りサービス」は、新型コロナ感染症流行下でも都立施設を安心して利用できるよう、施設の利用者に情報提供する目的で開発された。多数の利用者が訪れる都立施設において、新型コロナウイルスのクラスターが発生した場合、施設の訪問履歴に基づき利用者にいち早く状況を通知する。施設に掲示されているQRコードをスマートフォンで読み取ることで手軽に登録できるものだ。都の文化施設、スポーツ施設、庭園・動物園、図書館などに導入され、利用施設は今後も順次拡大していく予定だ。

都立多摩図書館.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

初月無料キャンペーン実施中

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。今なら

初月無料キャンペーン実施中