事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

さるぼぼコイン 飛騨市民対象にプレミアム電子地域通貨を発行

月刊事業構想編集部(2020/5/12)

0
​ ​ ​

電子地域通貨「さるぼぼコイン」(月刊事業構想2018年3月参照)は、2020年5月下旬から飛騨市に住民票を置く全市民を対象に「飛騨市がんばれプレミアム電子地域通貨」を発行する。2020年5月11日に発表した。

さるぼぼコインは、アイリッジ(東京都港区)の連結子会社であるフィノバレー(東京都港区)が運営する電子地域通貨プラットフォーム「MoneyEasy」を利用した電子地域通貨。今回のプレミアム電子地域通貨は、国の特別定額給付金に合わせて行う、事業者支援のための取り組み。さるぼぼコインを発行する飛騨信用組合(岐阜県高山市)と岐阜県飛騨市の連携で実施する。

まず、飛騨市から全市民に一人一枚の引換券が送付される。その送付券の2次元コードを、ポイント発行場所である飛騨信用組合の窓口で読み込み、コインをチャージすることでポイントが付与される。付与額は、成人でチャージ額1万円あたり2000ポイント(20%)、子どもではチャージ額9000円あたり3060ポイント(34%)。

また、さるぼぼコインで上記ポイントを一口でもチャージし、かつ飛騨市内の店舗にて、11月末までに5万コイン(ポイント含む)以上使うか、または10店舗以上で使用したユーザーに対しては、コインポイントをプレゼントする企画も実施する。

https://www.projectdesign.jp/201803/local-tech/004645.php

飛騨市.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。


初月無料キャンペーン実施中!

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。今なら

初月無料キャンペーン実施中