事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

国産鶏肉など EUへの輸出が可能に

月刊事業構想編集部(2019/11/15)

0
​ ​ ​

農林水産省は、2019年11月13日、日本産家きん肉が欧州連合(EU)の第三国リストに掲載されたと発表した。日本産の鶏肉、アヒル肉、シチメンチョウ肉のEUへの輸出に道が開けた。

EU加盟国に輸出する家きん肉を生産するためには、厚生労働省が対EU輸出施設の認定を行い、認定施設をEU当局に通知する必要がある。今後、対EU輸出施設の認定に必要な「対EU日本産食肉輸出取扱要綱(仮称)」を作成し、自治体に通知の上、公表する予定だ。

日本産家きん肉は現在、香港、ベトナム、カンボジアに輸出されており、実績は年間1万トンほど。
農水省と厚労省は、2015年4月にEUに日本産家きん肉の輸出解禁を要請。以降、協議を進めていた。

chiken.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる