事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

常総市、SBプレイヤーズ アグリサイエンスバレーへ包括提携

月刊事業構想編集部(2019/7/25)

0
​ ​ ​

茨城県常総市とSBプレイヤーズ、その子会社で農業事業を展開するたねまきは2019年7月24日、「常総市の地域社会の活性化に関する包括連携協定」を締結した。SBプレイヤーズは、ソフトバンクのグループ会社で行政・地方公共団体向けソリューションを提供している。

たねまきは2019年4月に、農業による地域社会の活性化を目的として設立された。農業を持続可能な地域産業としていくことを目的とした企画・調査を専門に行う企業だ。関連会社として設立したたねまき常総で、ICTで高度な環境制御を行う施設園芸による、農産物の生産・販売を予定している。たねまき常総では年内にも、常総市の「アグリサイエンスバレー構想」の下で整備中の土地の一部を使って、次世代施設園芸の実証事業を開始する。

常総市では、「アグリサイエンスバレー構想」により、地域農業の核となる産業団地の形成を目指している。これは、圏央道常総インターチェンジ周辺に高生産性の「農地エリア」と加工、流通、販売が連動する「都市エリア」を集積するもの。実現の目標は2020年度末だ。

常総市Ph.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる