事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

コンビニ3社 配送車両用の駐車場の共同利用を開始へ

月刊事業構想編集部(2019/1/11)

0
​ ​ ​

セブン‐イレブン・ジャパンとファミリーマート、ローソンは、店舗配送用車両の駐車場を共同利用することで合意し、2019年1月15日から1案件目の運用を開始する。2019年1月10日に発表した。

都市部の繁華街では、店舗配送用トラックが入れる駐車場が少ない。また、人手不足の中、配送車両に2人を乗務させる体制を維持することが難しくなっている。今回の駐車場共同利用は、これらの課題を解決するために、経済産業省と日本フランチャイズチェーン協会が支援して実現した。コンビニ3社のいずれかの店舗が近くにある場所で、駐車場を共同利用する。

第1件目では、千葉県船橋市のセブン-イレブンとローソンで駐車場を共有する。ここては近所のコインパーキングの一部区画を改修し、店舗配送用車両が専用利用する。また2件目は、セブン-イレブンとファミリーマートの店舗で共同利用を開始する予定だ。

経産省は、これらの共同利用を通じて得られる知見を基に、必要な手続きのフォーマット・運用方法の標準化を進める計画。コンビニ3社以外の小売・サービス事業者も、駐車場が共同利用できるよう、マッチングの基盤づくりを進めていく考えだ。

parking.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる