事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

小田急電鉄ほか5社 MaaSプラットフォームアプリ開発へ連携

月刊事業構想編集部(2018/12/13)

0
​ ​ ​

小田急電鉄、ヴァル研究所、タイムズ24、ドコモ・バイクシェアとWHILLは、小田急電鉄が目指すMaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)実現に向け、システム開発やデータ連携などを目指し相互に協力することで合意した。2018年12月12日に発表した。

小田急電鉄は今回の合意に基づき、「小田急MaaSアプリ」(仮称)の開発を開始する。このアプリは、ヴァル研究所の検索エンジンと連携し、小田急グループの鉄道やバスなどの交通データを表示させるほか、タイムズ24のカーシェアリングサービスの車両空き情報、ドコモ・バイクシェアのサイクルポートの場所・貸出可能台数などもユーザーに届ける。また、公共交通機関を降りた後の移動手段として、次世代型電動車椅子WHILLとの連携も行う予定だ。

2019年末までに、同アプリを用いた実証実験を、箱根、新百合ヶ丘・町田エリアで実施する計画。利用者のニーズを把握するとともに、小田急グループの商業施設の割引優待情報を提供するなどして、グループ店舗の販促も目指す。

hakone.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

初月無料キャンペーン実施中

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。今なら

初月無料キャンペーン実施中