事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

池袋にeスポーツの「グランド」をオープン

月刊事業構想編集部(2018/4/13)

0
​ ​ ​
 

PC・周辺機器製造販売企業のサードウェーブ(東京都千代田区)は、東京・池袋に、PCでゲームがプレイできる施設LFS 池袋 esports Arenaをオープンした。高性能ゲーミングPCとゲーム用の椅子、ディスプレイを設置し、ネット回線や電源、プロジェクター画面や選手用防音ブースについても、eスポーツのイベント利用を想定して配置した。運営はE5 esports Works(東京都千代田区)が行う。2018年4月15日に正式にオープンする。

 

商業ビルの地下1階、420平方メートルの空間をPCでのゲームプレイに最適化した。利用料金は3時間1000円~、当初は14時から22時までの営業だが、運営が軌道に乗れば24時間営業に移行する予定。

 

eスポーツのイベントのため、選手がプレイする防音ブースと、ゲーム実況のための配信用ブースなどを用意しているところが大きな特徴だ。試合を盛り上げるのに欠かせないゲーム実況を選手が耳にすると、プレイ上のヒントとなるケースがある。このため、海外ではeスポーツの試合場に防音ブースを設けている施設もあるが、国内での設置は初めてだという。

 

サードウェーブ常務取締役の榎本一郎氏は、「高性能PCで、皆で楽しくゲームをプレイする場を作り、eスポーツのすそ野を広げたい」と、同施設の開設の背景を説明している。 

LFS_180412.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる