事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

つくば市 テック系ベンチャーの事務所代を100%補助

月刊事業構想編集部(2018/4/13)

0
​ ​ ​
 

つくば市は、技術系ベンチャーに対する支援を拡大した。2017年4月1日以降に市内に拠点を開設したベンチャー企業に対し、事業所の月額賃料の10カ月分に相当する額を補助する。月額賃料の下限はなく、補助金額の総額は100万円までとなる。

 

つくば市ではこれまで、補助率30%、補助金額は交付決定月の次の月から2月末まで、賃料も月額10万円以上であること、という条件を付けていた。今回、実効性を高める制度改正をしたことで、より家賃の安い小さな事業所で活動しているスタートアップ企業も、補助金が利用できるようになった。

 

交付対象となる企業は、つくば市の産業の競争力強化に寄与するライフサイエンス、ロボット、エネルギー、ナノテクノロジー、情報サービス、環境分野に関係する研究開発、または製造を行うもの。補助事業期間終了後も市内で研究開発あるいは製造を行う見込みがあること、事業の実施方法・資金計画などに無理がなく、長期にわたり継続して事業活動を行える経営能力があること、などの条件がある。

 

補助金の名称は「技術系ベンチャー企業立地推進奨励補助金」で、申請の期限は2018年4月30日まで。

TsukubaCity.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる