事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

NTTコムほか 校務と学習のシステム連携 実証を福島の小学校で開始

月刊事業構想編集部(2018/2/9)

0
​ ​ ​
 

福島県相馬郡新地町と、NTTコミュニケーションズ、スズキ教育ソフト(静岡県浜松市)、ラインズ(東京都新宿区)、コードタクト(東京都渋谷区)、イーキューブ(東京都文京区)は、小学校の校務系システムと授業・学習系システムを統合させて、授業の質向上や学校運営の効率化を図る実証事業を開始すると、2018年2月8日に発表した。文部科学省の「次世代学校支援モデル構築事業」、および総務省の「スマートスクール・プラットフォーム実証事業」の一環となるプロジェクトだ。

 

学校に導入されている出欠管理や成績評価のための校務系システムと、授業や自主学習で使用する授業・学習系システムは、それぞれ独立しているケースが多い。今回の実証では、両システムを安全かつ効率的に連携し、得られたデータを可視化する。

 

実証は2018年2月から開始する。新地町は、実証事業により、個々の児童生徒の状況に基づく適切な指導の実現を目指す。具体的には、出欠や友人関係、成績、学習履歴を相関的に把握する個人データを作成し、教員の業務負担を軽減しつつ、根拠のある指導や、評価をする。また、指導計画や授業の記録、成績、学習到達状況評価を統合した教科指導データを作成する。これには、教師が同データを活用して児童・生徒の主体性を引き出し、深い学びを得られる授業ができるようにする、という狙いがある。

Shogakko.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる