事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

浜松市、タイムズ24、損保ジャパン イベント時の駐車場シェアリングで連携

月刊事業構想編集部(2018/1/10)

0
​ ​ ​
 

タイムズ24と損害保険ジャパン日本興亜は、浜松市と、同市が関与するイベントなどを実施する際の、シェアリングエコノミーの手法を活用した、駐車場問題対策の実証実験に係る連携協定を2018年1月9日に締結した。

 

タイムズ24と損保ジャパンは、駐車場問題を駐車場シェアリングで解決する実証実験計画を共同で浜松市に提案し、今回の協定締結に至った。イベント開催時に一時的に増加する駐車場需要に対応し、市民の利便性向上と、道路の渋滞対策を図る実証実験を行う。具体的には、浜松城公園さくらまつりと、平成30年度の高校総体バドミントン競技大会・高松宮記念杯全国高等学校バドミントン選手権大会の開催時に、駐車場シェアリングを実施する。

 

今回連携した3者はそれぞれ、シェアリングビジネスやシェアリングエコノミーにかかわった実績がある。タイムズ24は駐車場シェアリングサービス「B-Times」を展開中。損保ジャパンは、シェアリングサービス事業者や自治体を対象とした賠償リスクを補償する専用保険商品を2016年11月に発売した。また、浜松市は、域内で不足しているサービスや資産を分け合うことで地域活性化を図るため「シェアリングシティ」を宣言している。

parking.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

最新情報をチェック。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる